引越し費用が安くなる時期ってあるの?

住所変更の様々な手続き

 

引越しなどで住所が変更になった場合、やらなければならない手続きはたくさんあります。
引越してから全てを行うのは大変ですし、仕事などの関係で時間が取れないといった事情もあるでしょうから、引越し前から出来る手続きはやっておくとようにしましょう。
固定電話やパソコンなどでインターネットをご利用の人は引越し先で回線工事やインターネットの開通などに日数が掛かることを予想し、各契約先に2週間前には電話連絡しておくようにしましょう。
引っ越した後に旧住所宛ての郵便物が新住所に届くように出来る郵送サービスがあるので、引越し前に最寄の郵便局で手続きしておきましょう。
電気、ガス、水道は急いで連絡する必要はありませんので、使用しなくる日までに各営業所に電話連絡すれば大丈夫です。
ガスは立会いをしなければいけない場合もあるので気を付けましょう。
銀行の通帳やゆうちょ銀行の住所変更は基本的に窓口で住所変更の手続きをするので、遠方に引っ越す方は出来れば引越しの前までに訪れるようにしたいです。
中にはインターネットや郵送のやりとりで行える場合もあるようなので、詳しくは各金融機関に電話などで確認してみましょう。
クレジットカードは電話連絡をすると住所変更の書類が届きますので、電話と郵送のやりとりが一般的です。
住民票の異動手続きも必要です。
旧住所の市区町村役場で「転出届」の手続きを済ませ、新住所の市区町村役場では「転入届」の手続きを行います。
「転入届」の手続きの際は、「転出証明書」の書類が必要になるので忘れずに持参しましょう。
また加入している各種健康保険の住所変更も行います。
国民健康保険に加入している場合は、旧住所の役場で転出届の手続き後に保険証を返納します。
同じ市区町村内での異動の場合は保険証の返納は必要ありません。
新しく交付してもらう必要がある場合は「転出証明書」・印鑑を持参しましょう。

住民票の異動と健康保険証の手続きは引っ越した日から2週間以内に行うことになっていますので注意しましょう。
国民年金に加入している場合は、引越し先の役場で住所変更の手続きを行います。
必要なものは、お手持ちの基礎年金番号通知書かあるいは年金手帳を持参して下さい。
住民票を異動をすると自動的国民年金の住所変更がされる所もあるようなので、確認しましょう。